お薦め

1日に必要なカルシウムが補給できるミネラルウォーター

カルシウムは多くの食品に含まれています。
一般的に摂取しやすく、またカルシウムの多く含まれる食品の例を挙げますと、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品や小魚、殻も一緒に食べられるエビや、卵、豆類などです。
少量でもカルシウムを摂取しやすいものにはチーズやしらすがあります。
分かりやすい基準でいいますと、牛乳100mlに含まれるカルシウムがおよそ100㎎というようなものになるでしょうか。
ただし、牛乳により、カルシウムの含まれる量も多少差が出てきます。

カルシウムが不足しますと、骨粗鬆症や高血圧、腰痛、膝の痛み、精神の不安定さなどになりやすくなってしまいます。
その大切なカルシウムですが、1日の摂取目安量は600㎎です。
しかし、多くの人の場合、50㎎から80㎎のカルシウムが不足している状態です。
カルシウムの体内での働きはこちらhttp://www.poppiswim.com/ketty.htmlに詳しく載っていますのでご覧になってみてください。

毎日人にとって必要な水にもカルシウムは含まれています。
ミネラルウォーターの場合、多くのミネラルウォーターに100mlにつき、0.5㎎から1.0㎎台のカルシウムが含まれています。
カルシウムが多く含まれているミネラルウォーターの場合は、2.0㎎台から、多いミネラルウォーターですと、4.6㎎や9.4㎎、更に多いものですと、
46.8㎎から53.0㎎と多くのカルシウムの含まれているものがあります。

カルシウムの多く含まれているミネラルウォーターの多くには、マグネシウムも比較的多く含まれています。
マグネシウムは神経を安定させ、体温や血圧を整える役割があります。
カルシウムを多く含むミネラルウォーターには、だいたい100mlに2.0~5.0㎎台のマグネシウムが含まれています。

カルシウムやマグネシウムの多く含まれているミネラルウォーターですが、それに応じて硬度が高くなっています。
カルシウムが100mlに2.75㎎含まれているミネラルウォーターの硬度は105となっており、9.4㎎のミネラルウォーターの硬度は315というふうに違いがあります。
カルシウムの多く含まれるミネラルウォーターには、美容と健康のため、体重管理のために飲まれるものもあります。

体調やニーズに合わせたミネラルウォーターを選ぶとよいでしょう。
また、最近では安心安全なウォーターサーバーが人気です。